カテゴリ:本&DVD( 45 )

子供の読書記録

夏休みの間に子供が読んだ本です

a0019664_1342361.jpg
a0019664_1342445.jpg

a0019664_13425169.jpg
a0019664_13442099.jpg
a0019664_13442859.jpg
a0019664_1344354.jpg
a0019664_13444490.jpg
a0019664_13445141.jpg
a0019664_13445894.jpg
a0019664_1345571.jpg
a0019664_13451778.jpg
a0019664_13452355.jpg
a0019664_13453189.jpg
a0019664_13453847.jpg


a0019664_13454435.jpg
a0019664_13454922.jpg


a0019664_13455611.jpg
a0019664_1346256.jpg

a0019664_13461161.jpg

そして画像がないのですが、あと『じしゃくはめいたんてい』
を読みました









 夏休み前に学校の図書館から借りてきたもの
 家にあって以前読んだものの再読
 夏休み中に新しく購入したもの

などなど様々です

学校の図書館で借りてくるのは、5月頃から
『らくだいにんじゃ らんたろう』シリーズが続いています


学童にも本がたくさん置いてあるので
「1日中学童にいるんだから1冊は本を読もうね」
と夏休み中 毎日のように言っていたのですが
遊びに夢中で学童で読んだのは1,2冊(?)

なので、電車に長く乗るときには長めの本を1冊リュックに入れて
出かけるようにしていました

あとは、学童からの帰宅後に家で読んだのが一番多かったでしょうかね...


私がよく見る絵本のサイトに
【ミーテ】【絵本ナビ】があります

このサイトで「あ~こんな本あったあった」と子供時代を懐かしんだり
他の方の感想や本の紹介ページを参考にして「これ読んでほしいな~」と
息子くんへ買う本の参考にしたりしています


そしてミーテでは最近こどものための読書記録【よみログ】
というサービスもスタートしました
私はモニターになり、夏休みの間 子供に記録をつけさせていたのですが
本の評価を★の数でつけたり、感想をちょこっと書けたりできるし
読んだ本が画面上の本棚にどんどんたまっていくので
たくさん読むきっかけになるかもしれません
息子くんも続けて記録してくれるといいのだけど・・・


ちなみに今 寝る前に読み聞かせしているのはa0019664_1413955.jpg
『小さなスプーンおばさん』です^^
[PR]
by tymchin | 2010-09-08 14:04 | 本&DVD | Trackback

もう1冊

もう1冊読んでいました
夫くんにすぐ貸してしまい
本棚に入ってなかったから すっかり忘れていた...


 『告白』  湊 かなえ


本屋大賞を受賞して 一時話題になっていましたが
ずっと読んでいなくて・・・
文庫化されたので衝動買い

松たか子さん主演で映画化もされましたよね


教師の語り口調で始まるお話
それが第一章ずっと続く

私はこの第一章でお話が終わりだと勘違いし
「これって短編だったのね」と思って
読み進んだら 次もお話がつながっていたので
「あぁやっぱり長編なの・・」と(^^;)

読み進んでいけばいくほど
うすら寒くなるような感じがして
でも先が読みたくて読みたくて..

そして 最後の最後で
「こういう終わりなの!?」と驚くような終わり方

救いがないというのでしょうか・・・



映画がどういう感じで作られているのか
松たか子さんがどう演じているのか
とても興味があるので見てみたいです

海外からリメイクの話がたくさんあり
監督さんが「松さんの役は是非ニコール・キッドマンさんで」
と言っていましたが、まさに適役という気がします
[PR]
by tymchin | 2010-06-16 13:54 | 本&DVD | Trackback

今年はスローペース

最近読んだ本です

 『がらくた』 江國 香織

 『ネバーランド』 恩田 陸

 『楽園 上・下』 宮部 みゆき


女性作家ばかり

また、大好きな江國さんと恩田さん


『がらくた』は
こんな夫婦ってあるんだろうか?と
ちょっと現実的ではない気もするのだけど
それでも江國さんの書く世界は独特の世界で
あ~ こういうのもあるのかも と思ってしまう


『ネバーランド』は学園もの
恩田さんの書く作品では断トツ学園ものが好き
これもとてもよかった
男の子4人を中心に話が進んでいく
私もこの4人と一緒に過ごしたいと思った


『楽園』は『模倣犯』に出てきた女性ライターが
また出てくるお話しということで読んでみた
実際 宮部みゆきの本を私が読むのも
『模倣犯』以来かもしれない
ストーリー展開が上手で飽きさせないので
どんどん読んじゃいます
『模倣犯』は読んでなくても大丈夫ですが
読んでからこちらを読んだほうがいいかもです
[PR]
by tymchin | 2010-06-12 23:24 | 本&DVD | Trackback

渋いです

今日は息子くんが夕方からずっと爆睡していて
夫くんは午後から仕事、そのあと飲み会ってことで
久しぶりにテレビなど見ていたら
初めて見た 【TOYOTA MARK X】のCM

佐藤浩一さんが颯爽と車に乗っている
何やら会社では素敵な上司..というストーリー

そしてそういうストーリーのドラマがWEBで見られる
というテロップ(?)が入っていた


さっそくWEBでチェック
見ました見ました

SAMURAI CODE


いいですねぇ
カッコいいですねぇ

佐藤浩一さんは若い時より断然今のほうが素敵です
[PR]
by tymchin | 2010-06-12 22:17 | 本&DVD | Trackback

『風の谷のナウシカ』

GW最後の日のDVD鑑賞は『風の谷のナウシカ』に決定a0019664_22471249.jpg

私が観るのは何回目かなぁ
3, 4回くらいかな?


ナウシカの勇気と純粋さと優しさ(愛?)にいつも圧倒されます

あと、ナウシカの声も好き

島本須美さん?
『ルパン三世カリオストロの城』のクラリス役と同じ声
うんうん、クラリスも純粋な女の子だった気がする

え?
『スターウォーズ』のレイア姫も同じ?
それは全く知りませんでした


息子くんにはまたもう少し大きくなったら観てほしいなぁ
きっと違う感想を持つんじゃないかと思います
[PR]
by tymchin | 2010-05-12 23:07 | 本&DVD | Trackback

『Life 天国で君に逢えたら』

『スターウォーズ』を観てすっかりスターウォーズ好きになった息子くん
翌日はⅤをみせるのかと思いましたが、違いました...安心^^

次に選んだのは『Life天国で君に逢えたらa0019664_2234415.jpg
2日は帰宅&夕飯が遅くなり 何も観れなかったので3日に観ました

以前夫くんが大沢たかお好きな私のためにどこかで仕入れてきて
まだ観ていなかったし、たまには深刻なお話もみせようと思ったのでしょうか

息子くんも特に嫌がることなく真剣に観ていました

私はもう大沢たかおが飯島夏樹さん役というだけで
自分が奥さんにでもなったように感情移入
涙がポロポロでてきました

息子くんに「ママ泣いてばっかりだったね」と言われてしまった

夫くんは夫くんで「初めて大沢たかおがカッコイイと思ったよ・・・」ですって
おいおい!
大沢たかおに似てるって言われてた君は
ずっと大沢たかおがカッコ悪いと思ってたわけ~?(-"-)


飯島夏樹さんは亡くなりましたが
公認ブログは奥様が続けて書かれているようですね
一番上のお嬢さんはもう16歳だとか


ハワイに移住していたので、ハワイでの日常生活の場面もあり
息子くんに「うちもハワイに引っ越そうか」と提案してみたら
最初は「やだよ~」と言われたのですが、10分後位に
「やっぱりそれもいいかもって思ってきたよ」と言われました^^


私はこれを観た息子くんが
「僕もウインドサーフィンやってみたい」と言ってくれるのを
願っていたのですが、そうはうまくいかなかったようです
まだ1年生だもんね...
[PR]
by tymchin | 2010-05-12 22:38 | 本&DVD | Trackback

『スター・ウォーズ エピソードⅣ』

1日の夜はマンション内のシアタールームを借りてa0019664_050224.jpg
スター・ウォーズ エピソード4 』を観ました
こういう映画は家の小さいテレビで観るより
映画館のような大きいスクリーンで、
そして いい音で観たほうが楽しめますからね

私自身も10年ぶりくらいに観る『エピソードⅣ』

夫くんがスター・ウォーズ好きだからか
それとも息子くんが戦闘機や宇宙が好きだからか
「見せたい!」と言って借りてきました

Ⅰから見せるのかと思ったらⅣから
どっちからがいいのでしょうね?
私にはわかりませんが


私もストーリーの記憶がほとんどなかったのですが
観ているうちに何となーく思いだしてきて・・・
でも、最後のデス・スターを攻撃する場面は
初めて観るようなハラハラ感がありました
私の大好きなオビ=ワン・ケノービが少ししか出ないのが
残念だったなぁ


息子くん、最初は恐る恐る観ていました
『怖いんじゃないの?この映画~』と身構えていた感じ

でも最後は案の定夢中になっていました
パパの思うつぼじゃないか!
(宇宙戦艦ヤマト好きの夫くんが息子くんをヤマト好きに
させたのと同じ流れ・・・(-_-;) )

家に戻ってからも2人で映画の話で盛り上がっていました

残りのGW、
スターウォーズだけで終わらないといいけど...
[PR]
by tymchin | 2010-05-02 00:50 | 本&DVD | Trackback

『カールじいさんの空飛ぶ家』

夫くんの提案
“GW中、夕飯後に3人で映画を見よう!”a0019664_0321569.jpg
ということで、さっそく29日から見ています

29日に観たのが 『カールじいさんの空飛ぶ家

私は【楽天レンタル】でDVDをレンタルしているのですが
(毎月4枚までのプラン)
その楽天レンタルで、【予約リスト1位にこの『カールじいさんの空飛ぶ家』を
入れておくと4月中に必ずレンタルできますよ!】という
キャンペーンをやっていたので予約リスト1位に入れておいたんです
4月最終週にその前に借りていたのを返したので、ギリギリ間に合い
これがちょうど29日に送られてきたというわけです


前置きが長くなりましたが、
実はこの映画、話題になっていたのは知っていましたが
なぜ話題なのか、どういう内容なのか などは全く知らず
しかもディズニー映画ということも知らず・・・
(アカデミーで長編アニメ賞をとったんですよねぇ?それも知らなかった)


CGアニメっていうんですか?
すごいですよね
私はカーズもニモもモンスターズインクもトイストーリーも
観たことがないのですが...(汗)
リアルですよね~

題名に『じいさん』とついているので
じいさんの話から始まるかと思いきや
冒険好きの小さい子がでてきて
え?何?と思っていると
その子が実はカールの小さい時
そこからわずか10分ほどでじいさんになるのですけど
その部分の作り方もよかったなぁ


そして何といっても家がものすごい数の風船をつけて
飛んでいく時の映像がとてもとても綺麗です
夢がある!!


最後のほうは目が離せない展開で
最初のほうでブチブチ文句を言っていた息子くんも
途中からは釘付け
観終わったあとは「おもしろかった~^^」と言っていました
[PR]
by tymchin | 2010-05-02 00:29 | 本&DVD | Trackback

読書記録 2009年8月~12月

まだ今年は終わっていませんが
もう読書記録は今日の時点でとりあえず
終わらせてしまいます

前半の勢いはどこへやら・・・?
今年の後半はほとんど本を読みませんでした

なぜか?

それは9月~11月はスペイン語&英語の勉強を
会社の行き帰りの電車の中でしていたから

結局古本屋で購入した本も読み終えないうちに
新しい年を迎えてしまします
『右岸』『左岸』も『1Q84』も来年に持ち越し
それはそれで来年の楽しみがあるっていうことで^^


宮本 輝  『骸骨ビルの庭』 (上)(下)

福沢 諭吉  『新訂 福翁自伝』

平山 洋  『諭吉の流儀~『福翁自伝』を読む~』

田山 花袋  『田舎教師』


あとは育児書数冊のみ


宮本 輝の『骸骨ビルの庭』は一気に読めます
面白いです 引き込まれます 考えさせられます
久しぶりに宮本 輝さんの本を読みました

学生時代に暗記した文学史の中でずっと気になっていた
田山花袋の『蒲団』や『田舎教師』
やっと1冊読めました
題名から想像していた内容とは少し違っていて
途中からは胸が締めつけられるような物悲しさがありました
次はぜひ『蒲団』を読んでみたいです
[PR]
by tymchin | 2009-12-21 00:55 | 本&DVD | Trackback

読書記録 2009年3~7月

読書記録 2009年1~2月』の続きです
5ヶ月間もあったのに こうやってみるとあまり読んでいないように感じますね


『愛のあとにくるもの』 孔 枝泳

『虹の彼方』 小池 真理子

『三月は深き紅の淵を』 恩田 陸

『Q&A』 恩田 陸

『象と耳鳴り』 恩田 陸

『黄昏の百合の骨』 恩田 陸

『禁じられた楽園』 恩田 陸

『屋上ミサイル』 山下 貴光

『一瞬でいい』 唯川 恵

『神の子どもたちはみな踊る』 村上 春樹

『黒と茶の幻想』(上)(下)  恩田 陸

『芥川龍之介短篇集』 ジェイ・ルービン(編) 村上 春樹(序)


相変わらず 恩田陸ばかりですよね...(汗)
『三月は深き紅の淵を』から『禁じられた楽園』まで5冊続いたので
さすがに中毒になってしまうからマズイ!と思い
意識的に転換したのですが、またすぐ戻ってしまいました
とにかく好きです(笑)

最近読み終わった『芥川龍之介短篇集』はなかなかよかったです
読んだことのない短編がけっこうありました

あと『愛のあとにくるもの』は『冷静と情熱のあいだ』のように
男の視点からと女の視点から書いたものがあり、こちらは女側
(男側は辻 仁成さんが書いていて、これは昨年読みました)

日本人男性と韓国人女性のラブストーリーなのですが
作者も韓国人女性ですね
女の視点から書いたものがあるとは全然知らずに辻さんのを読んでいて、
古本屋さんで本を物色しているときにこちらを発見したんです♪



育児書っぽいものは
『6歳まではたっぷり愛して 7歳からは見守って』
『目からウロコの「男の子」育て』
『7歳から 辞書 を引いて頭をきたえる』
などを読みました


あと半年でどれくらい読めるかな?
古本屋で買った本がたくさん待機中です(^^;)
[PR]
by tymchin | 2009-08-17 12:56 | 本&DVD | Trackback